ツケ払いサービスのリスクヘッジ!?ARTICTION(アーティクション)を抑える理由について

ツケ払いサービスのリスクヘッジ!?ARTICTION(アーティクション)を抑える理由について

さて前ページでは、私がオススメする現金化方法としてSmartツケ払いによる現金化を紹介しましたが、あくまでも選択肢の1つです。

いざという時に頼りになるツケ払いサービスは、抑えておくことで得はあっても、損にはなり得ません。

そこで本記事では新たな選択肢として、ARTICTION(アーティクション)を紹介させていただきます。

アーティクションHP

失敗しない為にツケ払いサービスを複数知っておくべき理由

失敗しない為にツケ払いサービスを複数知っておくべき理由

ツケ払いサービスはいくつかありますが、私としては1つの事業所に固執するのではなく、満遍なく分散させておくべきだと思います。

本節ではその理由を簡単に紹介したいと思います。

違法な企業等からのリスクヘッジするため

ツケ払いで現金化するときは、何らかの支払い期日が迫った時、いわゆるピンチなはずです。

そこで急場を凌ごうと、1つの事業所ばかりに頼ってしまうのは些かリスキーな選択なのは、何となく想像できるかと思います。

なぜならツケ払いサービスそのものが新しくできたサービスであり、そのような業界は常に栄枯盛衰、平たく言えばいつなくなっているか分かりません。

そのため大抵の人が銀行口座を複数持つのと同様に、ツケ払いサービスという最後の砦に関しても、いくつか選択肢を持っておくべきという判断は、至極当然のことではないでしょうか。

再契約せずに現金化できる枠を広げるため

人によっては、1つの事業所で現金化できる金額を目一杯受け取っても、目標金額に達しないこともあるでしょう。

基本的に現金化できる金額は、固定かつそれが限度額となっていることがほとんどです。

5万円の商品を購入して3万円の報酬、みたいな感じですね。

中には再契約といった形で、商品を複数回ツケ払いで購入して、その分多く現金化することも可能のようですが、基本的には1つの契約を終えるまで再契約は出来ないと考えるべきです。

ですのでツケ払いサービスの事業所をいくつかに分散して、いざという時に現金化できる金額を底上げしておこうという狙いですね。

同じ商品を購入しないため

ツケ払いサービスの利用目的は、商品が欲しくて利用するわけではないと思います。

しかしそうはいっても、何かしらを購入することになるので、どうせだったら同じ商品を購入し続けるより、他の事業所を利用して別の商品を購入する方が気持ちよく利用できるというものです。

もちろん利用先の商品が気に入っている場合はこの通りではありませんが、基本的に選択肢を分散させる方が、何かあった時に困るようなことにはなりません。

アーティクションHP

ARTICTION(アーティクション)の特徴と使い方について

ARTICTION(アーティクション)の特徴と使い方について

さて、ここまで「ツケ払いサービスは分散すべき」という主張を述べてきました。

でも具体的にはどこを選べばいいんだよ、Smartツケ払いしか知らないよ、という人もいるかと思います。

そこで私が紹介したいのが、記事タイトルにあるARTICTION(アーティクション)という現代アート専門のツケ払いサービスです。

こちらもSmartツケ払いと同様に、即日現金化ツールとしてみなさんの強力な助っ人になりますので、知っておいて損はないと思いますよ。

ARTICTION(アーティクション)の販売商品とDS(ディストリビューター)制度

ARTICTION(アーティクション)では、商品を購入してレビューを投稿することで、宣伝に協力したと見なされ報酬が発生します。

そうです。Smartツケ払いでも説明した「DS制度」と「DS報酬」ですね。

Smartツケ払いのDS報酬は選ぶ商品によって異なりましたが、ARTICTION(アーティクション)では2つの商品どちらを選んでも同じであり、販売価格5万円に対してDS報酬は3万円です。

商品A:ヒューマンフラワー

画像の文言

商品B:フォーチュンルースター

画像の文言

これらの絵を眺めて、どう感じたでしょうか。

あまり馴染みのない世界ということもあり、多くの方にとってデジタル現代アートは興味がないと思います。

しかしそうも言ってられません。実はこれからの時代、デジタル現代アートは盛り上がる産業として注目されているのです。

この辺の説明は少々長くなりますので、詳細は後述させていただきますね。

ツケ払い購入の申し込み方法について

ARTICTION(アーティクション)の購入申し込みは、サイトの入力フォームに従って入力するだけです。

まずは公式ページの下部に「ツケ払い購入のお申し込みはこちら」というボタンがありますので、そちらをクリックしましょう。

画像の文言

また申請時の注意点として、必ずディストリビューター制度を「利用する」にチェックを入れてください。

画像の文言

このチェックを忘れてしまうと、普通にツケ払いで商品を購入することになりますので、何のメリットもありません。

くれぐれもご注意してください。

怪しい?詐欺じゃない?運営会社「株式会社anomaly」について

現金化する時は、必ず現金を振り込んでくれる運営元を確認しておくようにしましょう。

ARTICTION(アーティクション)が怪しい会社でないことは既に確認済みですが、全てのツケ払いサービスがそうであるとは言い切れません。

ツケ払いサービスのような、新しいビジネスには隙あらば利用者を出し抜こうとする怪しい業者も少なからず存在します。

詐欺に合わないためにも、運営元の連絡先、住所、運営年数など、会社の基本情報が公開されていることが望ましいです。

ちなみにARTICTION(アーティクション)の会社情報は、以下の通りになります。

運営会社:株式会社anomaly

代表者:鬼頭 乃亜

所在地:北海道札幌市豊平区平岸1条3-2-39エクセレント平岸407

申請先:公式ページより

電話番号:011-212-1692

営業時間:10:00〜20:00

定休日:年末年始

電話番号:011-212-1692

アーティクションHP

ARTICTION(アーティクション)のメリットのついて

ARTICTION(アーティクション)のメリットのついて

ツケ払いサービスは、商品の販売価格が高いという点ばかりに目がいきがちですが、利用するメリットもいくつかあります。

中には一般的な消費者金融よりも使いやすい部分もあり、利用目的によって使い分けていくことをおすすめします。

所属先へ在籍確認の電話がない

利用者が一番恐れていることは、お金に困っている状況を周りに知られることです。

お金にだらしない人=信用できない人、みたいなイメージがありますからね。

会社の同僚に噂されたらどうしよう、家族にバレたらどうしよう、っといった具合に確認の電話は不安のタネになりかねません。

ただARTICTION(アーティクション)では、そのような心配は無用です。

所属先へ電話することは一切なく、個人情報の保護、秘密を厳守してくれるので、利用者として、これほどありがたい配慮もないでしょう。

審査落ちは?信用ブラックでも問題なし

たとえ信用ブラックであっても、問題なく現金化できるのがARTICTION(アーティクション)の強みです。

なぜならARTICTION(アーティクション)は貸金業をしているわけではなく、あくまで現代アートの販売業であるため、わざわざ個人の信用情報を照会する義務がないのです。

一方で消費者金融であれば、都度本人の信用情報を照会する必要があり、過去に遅延や滞納の履歴が見つかれば、金融業者として借入を認めることができません。

これは決まりごとなので仕方のないことですが、そういった理由により、現金化に難儀している人々が、日本には300万人以上も存在するのです。

その人々の助け舟となるのが、ARTICTION(アーティクション)のようなツケ払いサービスというわけなんですね。

審査が短く最短15分で完了する

ARTICTION(アーティクション)での審査は、書類提出と簡単なヒアリングで完了しますので、他の現金化業者と比べて圧倒的に早いです。

一般的な消費者金融であれば、審査もツケ払いサービスより複雑になるため、これほどの速さは出せません。

某カードローン会社のホームページによれば、審査に最短30との記載がありますが、私が以前使用した時は、2〜3時間ほどかかった覚えがあります。

大手の消費者金融ともなれば常に混雑しており、また業者によっては借入用のカードを発行したりと、何かと時間が掛かるものです。

ですので、確実に即日で現金化したいという方は、ARTICTION(アーティクション)を頼ってみるのも一案だと思います。

営業時間が長くて土日でも利用可能

ARTICTION(アーティクション)の営業時間は長く、土日も含めて毎日10:00~20:00まで営業しています。

この時間帯まで対応してくれるのであれば、飲み会や合コンなど、急な誘いがあっても駆け込みセーフという人も多いのではないでしょうか。

また私の失敗談をお話しすると、振込先の銀行を楽天銀行等のネット銀行にしておくと時間に融通が利きます。

地方の銀行であれば、時間帯によってはコンビニATMでは引き出せないこともあり、振り込んでもらった意味を為さないからです。

支払方法は?

支払い方法は銀行振り込み

誰でも一度は銀行振り込みをした事がありますよね?

それこそ今はATMもコンビニに常設されていますし、手軽に支払いも終える事が出来るのではないでしょうか。

アーティクションHP

デジタル現代アートの可能性について

デジタル現代アートの可能性について

(現代デジタル現代アートなんて買っても意味ないでしょ!)

って思う方、ちょっと待ってください。

実はデジタル現代アートは、ビジネスの世界でも注目されているのです。

(え?ビジネスと何か関係あるの?)

そう思われる方もおられるでしょう。

そこで本節では、デジタル現代アートの可能性と、注目されている理由についてお話ししたいと思います。

口コミも良い!料金に驚き!?デジタル現代アートが評判になる理由

理由をあれこれ話すより、マナブさんのツイートを見ていただく方が手っ取り早いと思います。

まずは以下をご覧ください。

画像の文言

マナブさんは超有名インフルエンサーであり、みなさんもご存知なのではないでしょうか。

ビジネスの話題にとても敏感で、年収も1億超えを達成しているマナブさんが、デジタルアートについてツイートされたのが上の画像になります。

デジタルアートは今でこそマイナーなコンテンツですが、今後ブロックチェーン技術と結びつき、同じ絵(アート)が二度と生産されないように仕組み化されていき、アート単体の希少性は高まります。

その結果として、価格が右肩上がりになり、近い将来は新しい金融商品として紹介されるでしょう。

もちろん、ARTICTION(アーティクション)で販売されている商品が、今後値上がりするのかと言われれば、それは難しい話です。

しかし、今からデジタル現代アートに関心を持ち、将来のために今から見識を広げておくに越したことはありません。

ビジネスとアート(芸術)の関係性について

古来より、アート(芸術)とビジネスには密接な関係にあることをご存知でしょうか。

お金あるところにアートあり、アートあるところにお金あり、今も昔も芸術に関心を持っている人=高年収、お金持ちというイメージが浸透しています。

このイメージから、お金がある人は自然とアートに興味を持つようになるんだろうなぁ、以前の私は考えていましたが、どうやらそれは逆説的のようです。

実はアートを生活の身の回りに置くことで、本人の学習効率や生産性を高めるという研究結果が出ており、その人の人生を好転させるトリガーになり得るのです。

私もこの事実を知ってから、商品Bの「フォーチュンルースター」を購入して、スマホの待ち受けに設定しました。

これを見るたびに、現金に困っていたあの頃を思い出し、また明日も頑張ろうと思えるのです。

そういった意味では、一定の効果は得られたのかなと感じています。

5chでの評判や悪評は?

全く悪評はありませんでした。

勿論、支払いをしないで逃げたら大変な事になった!

なんて声もありましたが、それは代金を払わない方が悪いですからね。

寧ろ殆どが「早くて助かった」等の良い書き込みが多かったです。

アーティクションHP

ツケ払いサービスは計画的に使おう!

ツケ払いサービスは計画的に使おう!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

本記事では、ツケ払いサービスを分散する必要性と、その利用先としてARTICTION(アーティクション)を紹介しました。

ツケ払いはいざという時に便利なサービスではありますが、基本的に便利なものは不測の事態に弱いです。

使いたかったのに使えなかった…、そういったリスクを回避するために、あらかじめいくつかの事業所を抑えておき、また利用は計画的にするよう推奨します。

ツケ払いもアートも、上手く使えればあなたの助けになるものだと思いますので、今すぐ現金化したいという方は、検討してみてはいかがでしょうか。

アーティクションHP
TOPページを見る