給料ファクタリングとの比較

給料ファクタリングとの比較

後払い(ツケ払い)による現金化のシステムとよく似ているのが給料ファクタリングです。

詳細にはついてはこのサイトの本編でお伝えさせて頂きましたが、実際に給料ファクタリングとSmartツケ払いにはどういった違いがあるのかという事をここでまとめていきたいと思います。

Smartツケ払い公式HP

基本的なシステムは同じ

まずは給料ファクタリングとSmartツケ払いのシステムに関してですが、この2つのシステムはどちらも後払いという形は変わりません。

給料ファクタリングの場合には自身が受け取る給料を事前にファクタリング会社に買い取ってもらい現金化するというもの。

対してSmartツケ払いはSmartツケ払いが販売するFX自動売買取引システムを後払いで購入しDS報酬を受け取り現金化するというもの。

どちらの場合にも現金化した後に、提供元に後払いで決められた金額を支払う必要があります。

このように似た性質をもっていながら、後払い(ツケ払い)の方が安全性が高いという事などを理由に、これまで給料ファクタリングを利用していたという人の場合にも後払い(ツケ払い)による現金化を利用するようになったという人が増えてきています。

給料ファクタリングとSmartツケ払いの違い

基本的な構造は非常に似ている2つのシステムですが、決定的な違いがあります。

まず、Smartツケ払いの場合には在籍確認が柔軟に対応出来るという利点があります。

給料ファクタリングでは勤務先への在籍確認が必須となっている為、ある程度は配慮して行われるものの、勤務先への連絡が必須となってしまいます。

しかし、Smartツケ払いの場合には在籍確認が希望に応じて柔軟に対応してもらえるので、勤務先に現金化の利用がバレたくないという場合にはSmartツケ払いを利用する事で在籍確認がを回避する事が出来ます。

また、現在の日本の法律において、給料ファクタリングも違法性を認められるわけではありませんが、その特性から非常にグレーなものとして認知されています。

その為に給料ファクタリングの利用を躊躇されているという方もいますが、Smartツケ払いはDS報酬をという制度を利用しているので違法性は全く認められません。

これは弁護士の監修のもとに現金化のシステムを制定されているが故の特徴であると言えます。

どちらを利用するべきか

上記に上げた理由の他にも、給料ファクタリングの場合には悪徳な業者も沢山存在するので、安全に現金化を利用するのであれば後払い(ツケ払い)による現金化の利用が安全であり、さらに弁護士の監修もされているSmartツケ払いを利用する事で詐欺や違法性といった心配事を全て払拭した上で現金化を利用する事が出来るようになります。

現金化に困った場合にはSmartツケ払いの利用を是非お勧めします。

Smartツケ払い公式HP TOPページを見る